毎日の努力で改善ができる

青いファイルを持つ美容外科医

目の下のクマやたるみで悩まされている人は多いのではないでしょうか。
目の下は加齢によって変化がはっきり分かる部分の一つです。
その部分の状態によって年齢以上に老けてみられたり、若く見られたりするので特に女性にとっては悩ましい部分なのです。
毎日のちょっとした努力で改善する方法があります。
クマは目の緊張や血行不良、色素沈着などが原因とされています。
自宅でちょっとしたマッサージを継続して実施すると血行が良くなり改善することができます。
また、蒸しタオルを顔に乗せて1分ほど蒸らした後で冷水で顔を冷やすことを繰り返すことで血行が良くなり改善がのぞめます。
目の下のたるみは筋肉の衰えによって起こることが多いので積極的に顔の筋肉を使うことで改善することができます。
日頃から顔の表情を豊かにすることで自然に顔の筋肉である表情筋を鍛えることが可能ですが、人と接する機会が少ない人やデスクワークが多い人は顔の表情を豊かにするのは難しい状況です。
急に顔の筋肉を動かすのではなく頭皮と額をゆっくりマッサージすることから始めてリンパをほぐした後に筋肉を鍛えるエキササイズを行います。
簡単なものとしてはウインクを無理なく続けるという方法があります。

美容外科でクマやたるみの手術をするのも有効な方法です。


目の下のクマやたるみを美容外科で解決する方法としてはメスを使わない手術方法と、メスを入れて手術をする方法があります。
メスを使わない方法はレザーを照射する方法やヒアルロン酸を注入する方法などがあります。
また、目の表面は傷つけず目の裏から脂肪を取り除く脂肪除去法や血液中から血小板を取り出してクマの部分に注入するPRP療法などもあります。
メリットとしてはメスを入れないので直ぐに普通の生活に戻れることや傷が残らないという点です。
しかし、一回の手術では継続しての効果は薄いので定期的に治療を行う必要があります。
メスを入れる方法は一回の手術で半永久的に効果が継続されるのが大きなメリットです。
メスを入れた部分も完治すれば傷はほとんど残りません。
また効果がはっきりと分かるので満足度が高い方法と言えます。
しかし、医師の技量によって仕上がりが大きく左右されるので、値段だけで外科を選ぶのではなく、しっかりとリサーチした上で納得した外科を選択する必要があります。
最初からメスを入れることを躊躇する人も多いでしょう。
美容外科で治療をしたいと感じたら、まずはメスを入れない手術を行い、成果を感じてからメスを入れる手術をするのも方法の一つかも知れません。

オススメリンク

たるみやクマに強い銀座みゆき通り美容外科へ通うならこちら:目の下のクマ・たるみ解消パーフェクトガイド

リスクの少ない施術

◆今までの施術と最新の施術
目の下のたるみは癌高脂肪が加齢によって下がってくることや皮膚がたるんでくることが原因です。
これまでは目の下のたるみやクマを取るためにはまつ毛の生え際を切開することが一般的でした。
確実に眼の下の癌高脂…Read more

関連リンク

カレンダー
2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー